おはようございます。いわき教室・みなみです。

今日は、イルチブレインヨガ・の創始者 イルチイ・スンホン氏のfasebookから『障害物競争』をお伝えします。

以前の私は何か障害が起こると悲劇のヒロインになって現実から逃げていました。

少しずつ「楽しいゲーム」の感覚がわかってきました。

『障害物競争』

生きるのって大変だと思ったことはありますか?
一つ解決すると
さらに大きな問題がやってきて
頭を悩ませたことがありますか?

実は、人生で出会う大なり小なりの障害は
誰もが経験することです。

人生は障害物競走のようなものです。
大事なのは、その障害物の先には
いつも新たな悟りが待っているという事実です。

障害が近づくと
避けるのではなく、楽しいゲームだと思ってください。

恐怖心からうまく避けたとしても
同じ障害がまたやってくるものです。

どうせなら体と心のすべてを開いて挑戦してみましょう。
高い障害物だと思っていたものを飛び越える瞬間に
あなたは人生の素敵な贈り物をもらうのです。