こんばんは、いわき教室みなみです。

さて、私の父親は広島に住んでおりますが、ご縁いただいて本日から11/6まで東京都美術館で油絵を展示していただけることに。

若いころから自宅の壁一面に風景画を描いてみたり、ちょこちょこ小さな絵も描いてはおりましたが、全くの趣味の範疇。

どこかに認められて展覧会に出していただくなんて無かったように思います。

でも、嬉しかったんでしょうね。

福島の私にまで見に行ってくれ~とハガキがきました。

この父、広島のILCHIブレインヨガ矢賀スタジオに通っています。

始めたきっかけは、私の変化を見て、

「お前がやってるヨガ良さそうだな~俺もやってみようかな~」

と言い、そして始めました。

父親は長く癌を患ってます。ヨガ始めたときは主治医の先生からはあと半年か・・・と言われ、

そろそろ覚悟し始めなくては・・・な位なとき。

スタジオにも通えるかな?と思いながら、

矢賀スタジオの先生に相談して、無理せずやりましょう♪と言っていただき始めたといういきさつがあります。

ところが!です。

まだ癌が無くなったわけではないですが、主治医の先生からは、良い意味で逸脱している!と言われる状態。

このブレインヨガを始めてもう二年近くになります。

週2回ヨガに通い、趣味で畑をし、ちょくちょく安~いバス旅行を楽しみ、俳句を詠み、

油絵を描き、今回このような機会をいただき・・・ありがたいです。

父はブレインヨガを始めて変わったなぁと感じています。

感性が豊かになったこともそうですが、心が柔軟になって接しやすくなりました。

私がILCHIブレインヨガに出会って、父親に伝えられたこと、これも親孝行?!

なんて感じた出来事でした。