こんにちは、いわき教室・みなみです。

今日のいわきは爽やかに暑く気持ちの良い青空です。

皆さまのお住まいの所はいかがですか?

さて、最近、会員さまと話していて、その内容は様々ですが、共通しているのは

他者をそのまま受け入れられない・・・ということ。

○○(場面によって、配偶者・子供・親・友達・同僚の方)に良かれと思って××してあげたのに、感謝がない!

こういうときってこう反応するのが当然ですよね?何であんな風に返してくるのかわからない。

苦手な人は見なかったことにして逃げるの。

などなど。

相手の方が自分の思った通りに反応しないと、多くは怒りが出て、

納得出来ないけど、仕方ないと気持ちに蓋をして、怒りを貯めていっている・・・そんな感じの様です。

以前は私もそうだったのでよくよくわかります!

こうじゃない!こうじゃない!私正しい!あなた間違ってる!!といつも「怒り」を持って、

友だちにもそれを、間違ってないよね!私!!と同意を求め、

自分を正当化することにエネルギーを注いでいました。

今はというと、もちろん完ぺきではないけれど、相手をずいぶん受け入れることが出来るようになったなぁ・・・

楽になったなぁ・・・と感じています。

一番大きな要因は何といっても

「自分をありのまま受け入れる」ことができるようになってきたこと。

出来ない自分も出来る自分もOK♪と認められるようになったこと。

「出来て当然、出来ないと自分を責める」ということが無くなりました。

失敗OK、大丈夫~(^^♪です。

自分を認められない時は、失敗すると、すぐ自分を責めて、被害者の意識になり、イライラして自分を正当化して、周りの人に当たる、もしくは、気持ちに蓋をしていました。

今は自分を責めないようにして、反省をして、よし次はこうしてみようああしてみよう♪

と思えるようになりました。楽ちん♪

ありのままを認めたら発展がない!という方もいらっしゃいますが、

自分を責めながら、自分に叱咤激励しながら、まだまだ!まだまだ!!すると、

体や心が悲鳴を上げ、周りの方にも同じくらいの努力を求めます。

お互いに苦しいです。

自分を認めてあげると、相手の方も認めることが容易になります。

私は相手に何だか違和感や、怒りが出てくると、自分を認めてあげてないなと、自分自身を見つめる時間を持ちます。

問題は相手にあるのではなく、私にあるとわかったからです。

ウン十年つけてきた習慣や癖なのでなかなかに強いですが、

今は意識的にですが、自分をありのままに認める「トレーニング」をして、

いつか当たり前に無意識のレベルで自分を認めれるようになって、

心も体も元気に過ごせるようになります♪

ワクワク、楽しみです(^^♪