今日は8月6日ですね。
実家が広島にある私にとってはやっぱりこの日は特別な日。

最近では、8月6日も、8月9日もなんと8月15日も何の日か知らない方が増えているそうです。

今はわかりませんが、広島では原爆のことを忘れてはいけない!と朝からずっとその関係のニュースや特別番組がテレビやラジオ8で放送されます。

式典もずっとテレビで流れていました。

転職して、広島から大阪、東京に移り住んでびっくりしました。

ほとんど原爆のことなどテレビでもラジオでも流されないんです。

NHKでさえ、式典をちょっとしか流してないんです。

視聴率の問題でしょうか。

こんなの8月6日が何の日かなんて忘れてしまいますよね。

町田からここ福島・いわきに引っ越しても感じたこと。

町田に比べて、放射線量のことや復興に関してのことをよく目にします。

町田ではもうほとんど目にすることがなかったことが、当たり前に毎日情報として入ってきます。

広島にしても、福島にしても地元はほっといても忘れません。

この情報社会、メディアの在り方って本当に大切だと感じます。

そんなことを感じた、8月6日でした。