脳腸相関~おなかと心は繋がっている!心の健康もおなかから!

『おなかと心の健康~脳(心)と腸の働き・健康は互いに影響しあっているー毎日新聞8/14ー(有料記事のため全ては見れません。)

こんな記事を見ると嬉しくなります。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

イルチブレインヨガでは脳腸相関、おなかと心は繋がっているので、まずは腸を健康に!とお伝えしています。

記事の最後も、「こころの健康は心や脳だけの問題ではない。様々な生活習慣に気をつけ、お腹の健康も心掛けながら健康を保って欲しい」

と締めくくってましたが、本当にその通り!と言いたくなりました。

イルチブレインヨガでは、まず準備運動として丹田たたきと腸運動から始めていきます。

これを毎日されるだけでも、様々な効果が期待できます。

腸を健康にして、心・体を元気にしていきましょう(^^)/

暑い夏をすっきり爽やかに過ごすには・・・

脳を元気にしてストレス緩和へ☆
イルチブレインヨガで暑い夏をすっきり爽やかに過ごそう!瞑想や呼吸でリフレッシュ

イルチブレインヨガは8月、「暑い夏をすっきり爽やかに過ごそう!」をテーマに体験トレーニングを実施します。

夏はストレスを感じやすい季節です。イルチブレインヨガのブレイン体操、独自の瞑想、呼吸法で脳を元気にして、ストレスを緩和しましょう。

■健康には「食事」「運動」「ストレス」

健康的に過ごすためには、「食事」「運動」「ストレス」の3つがたいへん重要だと言われます。私たちの健康寿命のバロメーターとされる細胞内のテロメアの状態も、この3つの要素によって左右されているといいます。

食事、運動、ストレスという3要素のうち、食事や運動についてはふだんの心がけ次第で改善できる、と考える人は多いでしょう。野菜類を多く食べるなどのバランスのとれた食生活を励行し、適度な運動を実践するといったことは、自分で努力すれば可能です。

でもストレスについては、「自分の努力では如何ともしがたい」と思われているのではないでしょうか?ストレスの多くは外部からもたらされるものです。例えば「上司が意地悪だ」「仕事がきつい」「蒸し暑い天気が不快」「毎朝の満員電車がつらい」といったストレスのタネは、自分でそう簡単にコントロールできるものではないでしょう。

■ストレスに強くなる

しかし、私たちはだれしも「ストレス耐性(たいせい)」というものを備えています。これは、一言でいえばストレスに対する強さです。ストレス耐性が高いと、ストレスを感じにくくなります。同じことを経験しても、ストレスと感じる人もいれば、そうでない人もいるのは、このストレス耐性が関係しています。ストレス耐性がアップすると、イヤな出来事があっても、長くひきずらず、気持ちを切り替えることができます。心身の元気を保ちやすくなります。

■脳がカギ

ストレス耐性を強くするカギを握るのが「脳」です。日常生活では脳が常に緊張を強いられています。脳の緊張がほぐれてリラックスした状態になると、ストレスの影響を受けにくくなります。脳の緊張をほぐすには、まず適度な運動やストレッチなどで体の緊張をほぐし、呼吸で心の緊張をほぐします。そして、瞑想で脳の中にあるネガティブな情報や感情のエネルギーを手放せば、脳の緊張がほぐれます。最近は瞑想への関心が高まり、脳のストレスフルな状態を和らげる方法として注目されています。

その他にも、やりたいことやなりたい自分など目標が明確な人ほどストレスが少ない、人を思いやったり共感することが多い人はストレスに強いとも言われています。また、規則正しい生活をしたり、定期的にリフレッシュする時間を確保するのもとてもプラスになります。

イルチブレインヨガでは、ブレイン体操、独自の呼吸法、瞑想などのプログラムを提供しています。8月は天候ストレスも高まる時期。夏バテ対策も兼ねてトレーニングを始めてみませんか?

体験トレーニングを実施しています。お気軽にご参加ください!

会員さまの分かち合い~今年は昨年の夏のだるさを感じてないです(^^♪

昨年はだるくてだるくて、病院では、自律神経の乱れと言われて、

これといった解決方法もわからず、辛い夏でした。

でも、今年は違います。急に暑くなっても全然バテることなく

先日は孫を海に連れて行ってあげることができました♪

いわきイルチブレインヨガみなみです。

5月に入会された60代後半の会員さまの分かち合いです。

入会時、昨年の夏のご様子を辛そうに話していらっしゃって改善出来たら…とおっしゃっていたので、

お孫さんと海に行けた♪と聞いて私もとても嬉しくなりました。

夏バテ対策のポイントの一つが、腸です。

夏になると、屋外と屋内の激しい温度差によって自律神経のバランスが乱れやすくなりますが、これが腸の働きに悪い影響を与えます。

腸は言うまでもなく私たちのスタミナ源となる栄養素を吸収する場所ですので

腸が元気でないと、体力も気力も消耗しやすくなります。

適度な運動や瞑想などで活力のある生活リズムを保つことが、夏バテ予防につながります。

イルチブレインヨガは腸と脳のヨガ。

イルチブレインヨガのブレイン体操やブレイン瞑想を行うと、

呼吸が深まってストレス状態から解放されやすくなり、心身がリラックスできます。

自律神経のバランスを促し、血液や気エネルギーの流れをスムーズにするのに役立ちます。

長梅雨が終わった!と思ったら気温も上がり方急で、夏バテしている方も増えてきていますね。

夏バテとは、「食欲がなくなる」「体がだるい」「疲れがたまる」など、暑さや湿気に伴う心身のトラブル全般をさします。

暑くなると食欲が衰えやすくなるため、スタミナも落ちがちに。メンタル面でも心が折れやすくなります。

いわきイルチブレインヨガで暑さに負けない身体づくりしませんか?

他人基準?自分基準?いつものあなたは何基準?

現代はストレス時代…と言われています。

現代人のストレスは、「他の人が自分のことをどう思っているんだろう」という意識から生まれることが多いと言われています。

つまり、「世間体」や「他人の評価」を気にするあまり、必要以上の気苦労を負っているということです。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

これは自分で思っている以上に気づかず無意識にしていることが多いです。

知らず知らずの内に、他人基準で暮らしています。

もちろん家族、友人、上司、学校の先生などから認められたい嫌われたくないなど思うのは当然でしょう。

でも本来、より大事なのは、自分が自分をどう思うかではないでしょうか。

自分が理想とする姿へと着実に向かっていれば、世間の目に右往左往する必要もありません。

ですが、今は「私」の目標や到達点さえ分からなくなって、思い描けない方が多いです。

自分のほんとうの声は何か、それを聞くのに役立つのが瞑想です。

瞑想状態に入り、心が落ち着くと、「集中とリラックス」がもたらされます。

集中することで「外部」に散ってしまっていた意識を、内側へと戻すことができます。

イルチブレインヨガでは、体と脳の緊張をほぐすブレイン体操、心のリラックスが得られる呼吸法を行い、その後にエネルギーを感じながら、ゆったりと瞑想を行います。

深い集中とリラックスした心と体で、自分の内面を感じる大切な時間です。

自分基準になった時、今抱えている問題も解決することがほとんどです。

『人生120年の選択』からもらったメッセージ・脳の強力な健康法は?

先日のブログで、「親としても、大人としても、人生の目的・意味を見つけることの大事さ、改めて実感しました。」とお伝えしました。

毎日メッセージをもらう『人生120年の選択』からもらった今日のメッセージが、

やっぱり人生の目的を持つことだ!それも大きければ大きいほどいいんだ!とワクワクしました。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

『人生120年の選択』の中で脳を健康にする方法が書いてありました。

睡眠や食事、運動、社会活動、そういったものももちろん大事だけれども、

何歳の人でも、脳を最も強力に活性化する方法は、脳が集中できる夢や希望を持つことだとだとありました。

人生に目的意識と方向性がある人は長生きで認知症にかかる確率も低くなるという研究結果もあるそうです。

私たちは以前より数段に長生きできる時代に生きています。

著書の中でも、定年退職した後、30年漠然と過ごしてしまった老人の話があります。過ぎた30年を後悔し、95歳にして語学の勉強を始めたそうです。

人生の目的と方向性を持つのは、早ければ早いといいなぁと感じました。

 

【脳が集中できる夢や希望】皆さんはありますか?

AI時代に親はどうすればいいのか?の問いに・・・

AI時代は、弁護士など知的労働者の仕事も無くなっていく…なんて話もあります。

私たちの子供時代には考えられない状態が、考えられない速度で進んでいます。

そんな時代に親は何をしたら良いか?

いわきイルチブレインヨガみなみです。

先日、たまたまTV番組を見たら、面白いお話でした。

『AI時代に親はどうすればいいのか?』というテーマで、子供のいる芸能人や一般のお母さん、専門家が座談会のように話をする番組でした。

その中で一番印象に残ったのは、

ご自身も子を持つ親でもある専門家の方が

「子供にどういう力が必要か?と問う前に、

人生100年と言われる時代に

親が大人が何を大事にして生きていくのかを

自分自身が問いと目的意思持っていることが

子供に伝える上で一番初めにやらなきゃいけない事ではないか?」

とおっしゃていました。本当にそうだなぁと感じました。

自分自身の人生の目的や生きる意味を知らないまま生きている方が多いと感じます。

私も以前はそうでした。

以前は、家族の幸せが私の幸せ・・・と言いながら、思い通りにならないことによくイライラしていました。

ここのトレーニングに 4番チャクラトレーニングがあります。

私はこのトレーニングのお陰で、自分自身の人生の目的・生きる意味を知ることができ、

思い通りいかないことがあっても、それに向かって進んでいるんだ!の実感があり、充実しています。

体・心が元気になりました。

親としても、大人としても、人生の目的・意味を見つけることの大事さ、改めて実感しました。

ブレイン瞑想・・・なりたい自分を手に入れるのには「イメージの力」を使う。

ここのトレーニングの中に『ブレイン瞑想』があります。

なりたい自分になった(これが重要です!)を閉じている瞼の裏で映し出す・・・というものです。

先日からダイエットしたい!とおっしゃっている方と話していて気づいたことがありました。

痩せたい!おっしゃいますが、ご自身が痩せている姿や、痩せて何をしているかをイメージするのが難しいようです。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

世界で活躍される方がイメトレ(イメージトレーニング)されているというのはもういまや常識になっているのではないでしょうか?

このイメージの力は脳科学でも立証されています。

有名な話では、フィギュアスケートの羽生選手が、ソチオリンピックの際、ソチへの移動中、4回転成功するイメージを何度もして、寝てもイメージしていて、自分自身を金メダルに導いた話や、サッカーの本田選手、野球のイチロー選手、ゴルフの石川選手の卒業文集が具体的でそれでいてほぼほぼ現実にしているとのこと。また、通常はイメージする際、第三者を見るようにイメージするのに体操の内村選手は、自分自身が実際行っているという目線でイメージをしていてそのことで体を思い通りに動かすことがとても上手なのだそうです。

私たちはオリンピック選手になりたい訳ではありませんが、このイメージの力を使って、なりたい自分になることが出来るのです。

脳は、イメージしたことなのか、現実の事なのかを区別するのが難しいのだそうです。

例えば、目の前には本当には無くても、梅干しがあってそれを食べた!イメージをすると唾液が出てきたり、体がぞわぞわする・・・など、経験があると思います。

なので、なれるかどうかは今は考えず、とにかくなりたい自分のイメージをいつも具体的に明確にすることで、なりたい自分に近づいていきます。

まずは、どんなご自身になりたいか、わくわくドキドキ楽しくイメージしていきましょう(^^)/

よくわからないなぁ・・・の方は、トレーニングをご体験ください。

ここのトレーニングは、東洋医学と脳科学をベースにしています。

トレーニングの中で、実践しながら体得していきます♪

ダイエットと呼吸瞑想、なりたい自分と呼吸瞑想

ダイエットには呼吸瞑想が有効だと科学的にも証明されているそうですね。

それはなぜか??

なぜ、ダイエットは成功しづらいのか??

いわきイルチブレインヨガみなみです。

ダイエットに不可欠なのは、食べる事への意識です。

意志や根性!だけではなく、なぜ食べてしまうのか?の食べる事への習慣を見てあげることが大事です。

その習慣見る意識がないと、我慢が出来ず食べてしまう自分を責めて、それが更にストレスになり、ストレス解消のため、また食に走ります。

そこで呼吸瞑想です。

呼吸に意識を向ける習慣がつくことで、食べる事への無意識の習慣も見ることができるようになります。

呼吸は心臓が勝手に動いてくれるのと一緒で、生きていくために意識しなくてもしています。

心臓は意識で早めたり遅くしたりは出来ませんが、

呼吸は自分の意識で変えることができます。

呼吸のリズムを意識的に変えることによって自律神経を整えることができます。

焦った時、イライラした時に一呼吸すると落ち着く・・・のがそうですね。

その呼吸を活用していくのです。

よくわからないですよね。

百聞は一見に如かず、体験するのが一番です。

ダイエットに限らず、なりたい自分があるのになれてない方、諦めている方、

呼吸瞑想で、手に入れてみませんか?

そもそも瞑想って?その効果は?

えっ?!瞑想って胡坐で座ってただ黙って目をつむって考え事することだと思ってました!

先日話した方がおっしゃいました。

私も以前はそう思っていました。もしくはお寺で座禅を組んでじっとすることかな?と。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

先日ブログでもお伝えしましたが、瞑想人口が増えているそうですね。

今や科学的にも認められ、アメリカでも瞑想人口は人口の14%、Googleやappleなども推奨されているとか。

瞑想は『今、ここにいること』

体がここにあっても意識は、いろんなところにワープします。

過去の失敗に、あ~なんであんなことやってしまったんだろう😭

見えない未来に、このままで大丈夫かな?これからどうなっていくんだろう?

と不安を抱いたり、子供がちゃんとやってるかな?と心配したり…

このように意識がよく行ったり来たりする方が不安症になりやすいと言われています。

何かをしながらでも意識はどこか行きます。

お茶を飲みながら、あ~あれやってないなぁ、やらないと。お天気今日もつのかなぁ?等々。

意識が散漫になると、エネルギーも散らばっていきます。

『今、ここにいること』で散らばった意識、エネルギーを集めていきます。

何でも瞑想になります。

食べる事、お茶を飲むこと、歩くこと、体を動かすこと。

イルチブレインヨガのトレーニングの中では呼吸に集中して行う呼吸瞑想も行っています。

瞑想の効果は色々あると言われています。

集中力アップ、生産性のアップ、リラックス、ストレス軽減、睡眠の質が上がる、不安の緩和 等々

生活に瞑想を取り入れてみてください。

ダイエットを成功させたい方は・・・

色んなダイエットを試してみたけどうまくいかなかった・・・そんな方は脳のストレスが原因かもしれません。

いわき教室みなみです。

脳は食欲をコントロールする大事なところです。

脳がストレスを感じていると食欲をうまくコントロールが出来ません。

また、口も大きなツボですが、ストレスのツボと言われる胸のツボととても仲良しです。

胸がストレスを感じると、口で解消したくて、しゃべりたくなったり、食べたくなったり、呑みたくなったり・・・

ストレスを解消するのがキーかもしれません。

ビギナーの方も簡単にできる瞑想で自分の体に意識を向けることや簡単な体操で、

ストレスを解消し、今までよりもっと自分らしい健康美を手に入れる事が出来ます。

なりたいご自身になるために始めてみませんか?