厚生労働省が作った『人生会議』のポスターをめぐって・・・で思うこと。

厚生労働省がお笑いタレントさんを起用して作った『人生会議』のポスターが批判多く、自治体への発送を止めたというニュースを聞きました。

最近このような、やってみたけど批判が多くて取り下げた・・・という事が多い気がします。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

厚生労働省としたら、みんなに人生を考えて欲しい!家族で元気なうちに話し合ってほしい!というものだとは思いますが、

不安をあおるやり方は、ただあおって不安を大きくするだけな感じがします。

そして一番は、そのそうな状態になられている方々、当事者の方々の気持ちを無視したものだったことが、批判を受けているのでは?と感じます。

これも、「相手の立場になってみる」が難しい方が増えているからだと感じています。

11/26のブログ「温室効果ガス世界の平均濃度が観測史上最高になったそうですよ!」の中でもお伝えした、脳の柔軟化が本当に大事だなぁと感じます。

私たちは、知らず知らずに脳を固くし、私正しいあなた間違っている!をしています。

以前の私も、子供が言うことを聞かない!旦那が思う通りに動かない!!と年中キーキーしていました😅

家族関係がうまくいかないのは子供と旦那のせいだ!と真剣に思っていました。

でも、ここに出会い、4番チャクラトレーニング受けたりしてすこ~し脳が柔軟になった時、

私はそうは思わないけど、そんな考え方もあるな・・・と思えるようになり、

子供や旦那にかける言葉が変わってきました。

そうすると、自然と子供や旦那も変わってきて・・・

よく、相手を変える事より自分が変われ!と言われていたことがここに出会ったおかげで分かるようになりました。

相手の立場になってみる、相手の気持ちを推し量ってみる。

それには想像力が必要です。脳の柔軟化が必要です。

私はたくさんの方がここに出会って、脳の使い方を知って、お互いに思いやりながら生きていける、そんな世の中にしていきたい!!と思っています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう