常温ヨガやってます〼

『常温ヨガ』なんて言葉があるんですね!最近まで知りませんでした。

いわきイルチブレインヨガみなみです。

常温か、そうでないか?とするとここのヨガは確実に『常温ヨガ』

なのですが、作日参加のある会員さんは、ホットヨガ並みに?!汗をかいていらっしゃいました。

この方は汗っかきの方でもありますが😜

トレーニング終わるとほぼ皆さま、全身ポカポカ温かくなった~と帰られます。

なぜか?

色々理由はありますが、まずは準備運動でする「丹田叩き」と「腸運動」の効果も大きいです。

ご存知ですか?なんと血液の2/3は腸に集まっているそうです。

その腸が緊張やストレスで硬くなり、気血循環も悪くなっています。

そうなると、お腹も冷えやすく、内臓の活動も鈍くなります。

末端まで血液も届かず、いわゆる末端冷え性になる方も・・・

私も毎年しもやけが出来るほど、冷え冷えでした。

そこで!

「丹田叩き」と「腸運動」の登場です!

「丹田叩き」と「腸運動」で硬くなった腸をほぐします。

そうするまずはお腹が温かくなり、体全体に巡る血液も温かくなり、体温が上がります。

体温が一度上がると免疫力が30%上がると言われているそうです。

そしてそれだけでなく、不思議や不思議、心も穏やかになります。

なぜか?

腸の状態を良くしてあげると、腸からハッピーホルモン・セロトニンが95%も出るんです♪

ご存知でした?!

私は、会員の時にこれを聞いて、そっか~だからかぁと納得しました。

このヨガを始めて一番変化を感じ取ってくれたのは長男。

ヨガ始めてよかったね、お母さん怒らなくなったし笑うようになった😆と。

それがきっかけで更新し、先生になるのですから、これも「丹田叩き」「腸運動」のお陰さまでしょうか😊

ここのヨガは正直・・・おしゃれなヨガではありません😁

でも、伝統の東洋医学&最新の脳科学を融合させたオリジナルヨガ、実益はあります!

何かを本気でどうにかしたい!変化したい!と思っていらっしゃる方にはお勧めです(^^)/

私も自分自身がこれだけよくなった経験(しもやけ、笑うようになった!以外にもたっくさん改善しました♪)が

あるので、本当に変化したい!成長したい!の方には出来る限りのサポートをして、私と同じ経験をしてもらいたい!

そんな風に思って指導させていただいています😊

気になった方はお気軽にご連絡ください(^^)/

☎0246-38-7726

花粉症対策、始めませんか?

何だか、鼻がムズムズしてきた?!今年こそ花粉症とサヨナラしたい!そう思われている方、必見です!

イルチブレインヨガいわき教室みなみです。

寒さ本番!のこの時期に、花粉症の方が、(花粉に)そろそろ体が反応してるかも!?

とおっしゃっていました。

花粉症をはじめとするアレルギーは実は腸内の免疫力が弱いことから起こると言われています。

イルチブレインヨガは腸を元気にするヨガでもあります。

腸を動かして刺激し、免疫力をアップさせませんか?

腸が動けば便秘改善、冷え性改善、またダイエット効果・美肌効果も期待できます!

そしてセロトニンというリラックス効果のある物質も腸から90%以上生まれるのもわかってきています。

3年通ってくださってる会員様。

長く花粉症だったのに、昨年は症状が出ず、とても喜んでいらっしゃいました。

この冬も腸を元気にして、今年も乗り切る!とおっしゃています。

花粉症などアレルギーが気になる方、悩んでいる方はぜひ、

腸を元気に、そして脳も元気にするここのトレーニングを体験してみてください。

体が硬くても、運動が苦手でも、どなたでもできます♪。お気軽にお越しくださいねnote

☎0246-38-7726

または当HP予約サイトよりどうぞイベントのご予約はこちら

冷えやすい女性のために!イルチブレインヨガで体質改善&リラックス

手足が冷える冬が大っ嫌い!!と叫んでいらっしゃっる方必見です!!

イルチブレインヨガいわき教室みなみです。

体の「冷え」にお悩みの女性は多いです。

かくいう私もここに入会する前は毎年しもやけが出来るくらい冷えていました。

冷え対策として大事になるのが、体を一時的に温めるのでなく、冷えにくい体をつくるという意識です。

つまり、体質の改善というアプローチです。

新鮮な血液がスムーズに全身に届けられていれば、体質的に冷えにくくなります。

何らかの理由で血流が滞っていると、手足の末端などが冷えやすくなります。

また、女性は男性よりも筋肉が少ないことも理由の一つです。

例えば、脚のふくらはぎなどの筋肉には、血液を心臓に戻すポンプの役割があります。

ここの筋力が弱いと、ポンプとしての仕事が十分にできなくなります。

リラックスも重要です。

私たちの体にはもともと体温を調節する機能が備わっています。

しかし、リラックスできずに体や心が緊張していると、

交感神経優位で血行が悪くなり、体を温める力が衰えがちです。

こうした体質面の改善は、サウナのような高温の部屋に閉じこもっただけで達成できるようなものではありません。

体を動かし、血流を整え、呼吸や瞑想などでリラックスすることがポイントです。

イルチブレインヨガでは、やさしい動きのブレイン体操、独自の呼吸法、ブレイン瞑想、

セルフヒーリング法などのトレーニングで、毎日頑張っているあなたを応援します。

学生さんからシニアの方まで参加していただけます。

今年の疲れは今年のうちに!?ねじってすっきりイルチブレインヨガ!

体をねじって冷えも撃退!?疲れも吹っ飛ぶ!?

おはようございます。イルチブレインヨガ、いわき教室みなみです。

あなたはふだん体をねじりますか?

実は体にねじりを加えると、血流がスムーズになると言われているんです。

疲れがたまりやすい年末こそ、ねじるポーズをしたいところ。

ヨガやストレッチ体操にもねじりのポーズがありますが、イルチブレインヨガにも様々なねじるトレーニングがあります。

体をねじることが大事なワケは、私たち現代人がねじる動作をあまりしないからです。

野生の時代には、人間も外敵から身を守るため、体をねじって警戒しなければなりませんでした。

いつ背後から襲われるか分からないからです。

それが今では体をねじって四方をうかがったりしません。

それどころか、歩いているときもスマホ画面にかじりついて、前方すら不注意になりがちです。

だから現代人は、ねじるための筋肉が硬くなっています。

体をねじることで硬くなっている部分を刺激すると、筋肉が柔らかくなって血流が滑らかになります。

さらに、ねじりながら深く息を吐くことで腸が刺激され、腸のぜん動運動の働きが活発になることが期待できます。

またこの他にもセルフヒーリングのできるヒーリングポイントをお教えしています。

お気軽にお問合せ下さい(^^♪

☎0246-38-7726

11月になりました(^^♪

ググっと朝夕は寒くなってきましたね。

冷えが気になる季節です。

本格的に寒さが始まる前に冷え対策始めてみませんか?

今月も『ヨガの日』キャンペーン『腸脳すっきり!』ヨガ体験会、

『呼吸瞑想』ヨガ体験会行います。

みなさまの心からの笑顔が見たくって♪

1人でも多くの方に、健康でワクワクとした人生を過ごせる方が増えるお手伝いがしたくって♪

今月もそんな想いでまごころに営業中です\(^o^)/

少しでも気になった方、お気軽にご連絡ください♪

HPでイベントのご予約はこちら

☎ 0246-38-7726

へそヒーリングの体験後、私の体の変化は?

おはようございます、いわき教室・みなみです。

今日は朝から梅雨明けを思わせる日差しのいわきです。

暑くなると、冷え性の方は冷房がお悩み・・・と話されます。

そこで!今流行りの「へそヒーリング」

この「へそヒーリング」で全身の気血循環が良くなり、

頭寒足熱(水昇下降)の状態になり、下半身は温かく、頭スッキリ!

集中力もアップします!

体調不良をそのままにして、疲労がたまっていくのをただ見守る?!のではなく、

毎日少しづつ解消して、元気に夏を乗り切りたいですね(^_-)-☆

へそヒーリングの体験後、私の体の変化は?

 

腸年齢を若返らそう!毎月20日はイルチブレインヨガの腸の日!

こんにちは、いわき教室・みなみです。

今注目の腸。TVや新聞・雑誌、インターネットでもよく見るようになりましたね。

腸は、私たちの体の中でも最も長い臓器だとされます。

日本人の平均的な大腸の長さは約1.5メートル、小腸の長さは約6~7メートルにおよびます。

しかも、その内側には小さな突起(ヒダ)が無数にあるため、内壁を全部広げると大腸でテニスコートの半分、小腸はテニスコート1面分にもなります。

腸の突起は、「絨毛」(じゅうもう)と呼ばれます。

絨毛があることによって、表面積が大きくなり、より多くの栄養素を吸収できるようになっているのですね。

この絨毛から、水、ミネラル、アミノ酸、ビタミンなどあらゆる物質が体内に浸透していきます。

 腸内環境が悪化していると、この表面に宿便がまとわりついたり、ビランができたりして、腸の機能が弱くなります。

これは、腸内フローラの中で悪玉菌が優位になっている証拠であり、腸年齢の老化につながります。

 

イルチブレインヨガのへそヒーリングや腸運動を定期的に行うことで、腸内環境が改善され、善玉菌が優位になっていきます。

すると、腸年齢が次第に若返り、腸の表面もキレイになって活性化することが期待できます。

 

7月20日(水)10:00~12:00にイルチブレインヨガいわき教室で行われる

毎月20日は腸の日」セミナーでは、今注目のへそヒーリングを始め、腸運動や脳活性化ヨガで腸内フローラの状態を整えます。

便秘解消、つや肌、ダイエット効果、腰痛改善、ストレスの解消、心理的安定などの効果が期待できます。

腸年齢の速すぎる老化は、健康と美容にとって断じてNG!

健康が気になる方、ダイエットしたい方、免疫力を高めたい方などにオススメです!

 

☆★☆ 毎月20日は腸の日 ☆★☆

開催日:7月20日(水) 10:00~12:00

開催場所:イルチブレインヨガいわき教室

参加費:1,000円

予約・問合せ: ☎0246-38-7726  

        もしくは HPから イベントのご予約はこちら

☆動きやすい服装,タオルなどをお持ちください。

腸内細菌を整えて自然治癒力アップ♪

こんばんは、いわき教室・みなみです。

春は暖かくなり、お花も咲いて風も爽やか、絶好調♪

と言いたいところですが、春の不調を訴える方も多いですね。

入学や進級、転勤、部署異動など、環境の変化からストレスが増しやすい春。

転居や新生活への対応などによる負担が増えたり、決算期末に向けていつも以上のプレッシャーを感じたりして、

ストレスを抱えやすい時期です。

ストレスを過剰に抱えると、体内にある「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」という免疫細胞の働きが低下して、

体調を崩しやすくなることが分かっています。

健康管理をしっかりとしているはずの受験生が試験前に体調を崩すことが多いのは、

プレッシャーや不安でストレスが増加し、NK細胞の働きが低下するためだと考えられます。

免疫の活性化のカギを握るのは、『腸』です。

NK細胞に代表される免疫細胞の7割は腸に存在しているとされます。

腸にいる細菌は日ごろから免疫細胞を鍛え、パワーアップを促してくれています。

つまり、免疫細胞が元気に暮らしているのは、腸内細菌のおかげなのです。

このため、腸内細菌のバランスを整えることが、免疫力のアップに直結します。

イルチブレインヨガでは、腸内細菌の集まりである腸内フローラを活性化することで、

免疫力を高めるエクササイズを実践しています。

健康は腸から!(^^)!

腸を元気にして自然治癒力をアップするナチュラルヨガで

春の不調を吹き飛ばし、元気はつらつ♪な毎日を送りましょう♪

腸内フローラと「冷え」

おはようございます、いわき教室・みなみです。

さて、少し空いてしまいましたが、前回に引き続き、「腸」についてお知らせしたいと思います。

 

腸内フローラと「冷え」


冷えは、腸内フローラの大敵!

「腸内フローラ」を整えるうえでNGなのが、「冷え」。お腹が冷えると腸の血流が滞り、腸内フローラのバランスが悪化します。

現代の日本人女性の約7割が悩んでいるとされる冷え。冷えは、体質として根付いてしまっている場合が多く、厚着をしたり、お風呂に長めにつかったりといった対処療法では、抜本的な解決につながらない場合も多いです。

冷えは万病の元とも言われ、様々な体調不良をもたらしますが、腸内フローラの悪化も見逃せないネガティブ現象です。お腹が冷えると、腸の働きも鈍くなります。すると、腸内に毒素がたまるようになり、悪玉菌が優勢になっていくのです。

冷えによる腸内フローラ悪化を防ぐのに役立つのが、ダンワールドの「腸運動」。下腹部を膨らませたりへこませたりするだけで、腸の血行が良くなる腸運動は、いつでも、どこでも、空いた時間を使ってできますから、「ちょっと冷えたかな」と思ったときにその場で実践できますよ。

■自分の「便」で腸内フローラをチェック!
とはいえ、中にはお腹が冷えているのに、冷えの自覚がないという人も多いでしょう。そんな方は、おならと便でご自分の腸内環境の状態をチェックすることをオススメします。

おならのニオイがキツくなく、適度な軟らかさの便が出ていれば、腸内環境が良い。逆に、おならのニオイがキツい、下痢や便秘をしている場合は、腸内環境が悪い――とされます。

腸運動の効果と健康の原理

こんにちは、いわき教室・みなみです。

最近、『腸』が注目されていますね。

先日は、うちの「腸運動」がTVに取り上げられました。

今日は「腸運動」についてお伝えします。

 

「腸運動」の効果~デトックスから脳活性化まで

腸運動には、様々なメリットがあります。

体・脳・心のバランスを整えることができ、「便秘」「冷え」「免疫力低下」といったトラブルの改善効果が期待できます。
■ 血流の改善
内臓には、体全体に流れる血液の3分の2が集まっています。

内臓の働きが悪いと、血流が滞り、冷えや免疫力の低下といった問題を引き起こします。

腸運動では、腸だけでなく、内臓全体を刺激することができます。

お腹の筋肉を適度に動かすことで、硬くなっていた内臓周辺の血行がスムーズになり、

滞りがちな血液が体全体を流れるようになります。

手足の先まで新鮮な血液が行き届き、冷えが改善。

下半身もポカポカになり、免疫力アップが期待できます。

■ 脳活性化
腸運動には、脳活性化というメリットもあります。

脳は、体に取り込んだ酸素全体の25%を消費しています。

腸運動でお腹まわりの血行が良くなると、血液中のヘモグロビンを通して、

脳にフレッシュな酸素を送れるようになります。

■ デトックス
腸の働きが弱まり、溜まった宿便やガスから毒素が発生すると、血液が汚れていきます。

汚れた血液は内臓に負担をかけ、その結果、慢性疲労、消化不良、便秘、胃潰瘍、下痢、不眠、生理不順、吹き出物など、

様々な疾病を引き起こすこともあります。

腸運動をすると、腸が弾力のあるしなやかな状態になると同時に、ぜん動運動が活発になります。

毒素を排出する機能も回復。デトックスへとつながります。

■ エネルギー循環
腸運動では、目に見えない気エネルギー循環も活性化します。

人間の身体は、気と呼ばれる目に見えない生命エネルギーが流れています。

その中心は、おへその下約5cmのところにある下丹田(しもたんでん)です。

腸運動で下丹田を温めて柔らかくすることで、エネルギー循環が活性化します。

このほかにも、腸運動は心身に様々なプラスの影響を及ぼすことがわかっています。例えば、以下のようなものがあります。

・腹部の筋肉を使うため、ぜい肉が落ちるなどダイエット効果
・膀胱や生殖機能の強化
・睡眠が深まることで、慢性的な疲労感が軽減される