脳の萎縮予防、中年期の運動が決め手に

おはようございます、いわき教室・みなみです。

さて、とっても気になるニュースを見ました。

『中年期の運動能力の低さと、年を取ってからの脳の萎縮には関係があるという調査結果が、このほど神経学会誌のオンライン版に発表された。(CNN) 』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-35077942-cnn-int

中年期に運動をするかしないかで脳の加齢が違ってくるというもの。

「運動をすれば血流が増え、より多くの酸素が脳に運ばれて、年を取ってからの認知力の低下を防げるかもしれない」なのだそうです。

脳の健康のためには中年期の運動が大切だということですね。

始めるのに遅すぎることはありません!気付いた時がはじめ時!!

シンプルな動きで、難しくないのに効果は高い!

老若男女、どなたにもしていだけるナチュラルヨガ・イルチブレインヨガは中年期、運動体質生活をスタートしたい方にオススメです。

楽しく体を動かして、運動体質になりましょう(^^♪

 

イルチブレインヨガ:
CLICK ⇒ ILCHI Brain Yoga 自然治癒力を引き出す ナチュラルなヨガ体質改善モニター受付

レッスンをしていて感じること・周囲の方との比較

いわき教室・みなみです。

さて、昨日、レッスンを効果的に受けるためのポイントの一つ

『常に肯定的な情報を脳に伝えてください。』をお知らせしました。

もう一つレッスンを効果的に受けるための大事なポイントをお伝えします。

『周囲の人と比較しないでください。』です。

レッスンを行ったあとの分かち合いで、特に新入会員さまからよく出てくるのは

「みなさん出来てるのに私出来なくて・・・」という言葉。

私からすると全くそんなことはないのですが、ご本人は周りの方と比べて出来ていたら当たり前、少しでも出来てないとご本人が感じるとそうおっしゃいます。

今まで学校でもどこでも、人と比べて少しでも出来るようにと教育を受けることが多かった私達です。仕方ないですよね。以前の私もそうでした。

でも、周りの方と比較する意識は私たちの脳を緊張させます。

ありのままの自分を受け入れることからトレーニングが始まります。

今の自分はこうなんだ~と受け入れ、トレーニングを続けていくうちに自分自身の変化を感じます。

人はいつまでも成長したい気持ちがあるそうです。

ご自身と向き合って、ご自身の成長を楽しみましょう(^^♪

先日の会員さまの分かち合い(感想)・ひざの痛みを感じる会員さまが(^^♪

おはようございます、いわき教室・みなみです。

昨夜は子供と寝てしまい、よく寝ました!睡眠は大事ですね(^^♪

さて、先日、ひざの痛みを抱えた新入会員さまが

「私、効果感じます!このヨガ続けてみます!!」と。

この会員さま、来始めてまだ数回ですが、

来始めてから定期的に打つヒアルロン酸の注射を打ってないそう。

「ここのお陰かどうかはわからないんだけど・・・でも変えたことと言えばここに来るようになったことだけだから・・・」と。

ここでPOINT!

レッスンを始める方に、レッスンを効果的に受けるためのポイントを何点かお伝えします。その中に

『常に肯定的な情報を脳に伝えてください。』

というのがあります。

本当に効果があるのかなぁ?疑いながらするのと、

こんな変化があった!もっと効果が出るぞ!と思いながらするのでは、

まったく効果が違ってきます。

このトレーニングは脳を活性化させる方法のひとつです。

脳に肯定的な情報と思考を伝えると、私たちのカラダとココロが早く変化します。

信じるものは救われる!\(^o^)/

これは普段の生活にも応用できます。

常に肯定的な情報を脳に伝えて、ココロもカラダも元気にしていきましょう\(^o^)/

 

 

脳細胞が生まれ続けさせるために大切なこと、それは人と共感し合うこと

おはようございます、いわき教室・みなみです。

今朝はマイナス2度だったとか。車のフロントガラスが凍っていました。

さて、イルチブレインヨガは、どんなヨガ?と聞かれると

最新の脳科学と東洋医学を融合させた脳活性化ヨガです♪とお伝えします。

脳科学、ここ数十年で急速に研究され、わかってきたことが多いそうですね。

以前私が聞いた時は、脳細胞は小学生をピークに段々と無くなっていくと聞いたりしましたが、

最新の脳科学では大人になっても脳細胞は死ぬまで生まれ続けることがわかったそうです。

それには条件があるそうです。

脳細胞を生まれ続けさせるのにはどうしたら良いか。

それは使ってあげること。

自分で「決める!」ことや、人と一緒に笑ったり、感動したり、気持ちを共有したり・・・などなど。

特に人と共感し合うことが大切なんだそうです。

イルチブレインヨガのレッスンのあとは、

温かいお茶を頂きながら、分かち合いをします。

分かち合いとは、終わった後の感じや、最近感じたことなどを話し、

一緒にレッスンを受けた方々と気持ちを共有する時間です。

体を動かすことで脳に刺激を与え、

呼吸を深め、

最後の締めに分かち合いで人と共感しあって終えていく。

なんと素晴らしいプログラム(^^♪

と、いつものごとく、イルチブレインヨガのプログラムを自慢してしまうのでした。